四十肩・五十肩の改善にはバンザイをしよう!【関節の動きシリーズ第7回】

関節の動き

こんにちは!

大阪の天王寺・上本町/兵庫の神戸住吉・御影の

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニングスタジオ

R-FITNESS(アール・フィットネス)の西野です。

 

前回は、胸郭について書きました!

前回の内容はこちらから↓

 

アスリートの動きが、飛躍的に上がるトレーニングです!【関節の動きシリーズ第6回】

 

今回は、肩甲骨について書いていきます。

 

最近、肩を上げた時に四十肩・五十肩のような症状が出始め、肩が上がりづらくなった。。

仕事のデスクワークなどで、肩こりがひどく、遂にはめまいの症状が出始めてきた。。

野球の投球動作を行った際に、肩の骨が当たる音が鳴り、思うように投げづらくなってしまった。。

皆さんはこのような経験はありませんか?

 

肩甲骨は、肩の背面に位置し、肩を動かす起点として働いています。

皆さんも、遊び半分で大きくバンザイをするといった経験があると思います。笑

 

肩甲骨は、肩を動かす起点として働き、上腕骨と鎖骨に繋がっています。

起点として働いているということは、ここの肩甲骨が動いていないと腕が正しく動かないため、肩を回しにくくなったり、バンザイがしにくくなったりします。

鎖骨とも繋がっているため、鎖骨を動かすことも大事ですが、まずはここの肩甲骨を動かしていかないと、四十肩・五十肩の症状は改善していきません。

 

それでは、どうすれば肩甲骨は改善していくのか?

R-FITNESSでは、肩甲骨と見逃しがちな鎖骨を同時に動かし、より肩が動くようにアプローチをしていきます!

 

 

上記の写真のように、四つん這いでバンザイの姿勢を作ります。

バンザイをする際、肩甲骨と鎖骨は最大に動きます。

四つん這いで床に手をつけた状態で、バンザイという最大に関節が動く状態で負荷を掛け、インナーのトレーニングを行います。

 

肩甲骨を最大に動かし、そこに見逃しがちな鎖骨も動かして、手っ取り早く肩を改善していきます!

R-FITNESSのエクササイズは、『たった一回』行っただけでも改善が期待できるエクササイズとなっております。

 

なかなか改善しない四十肩・五十肩・ひどい肩凝りなど、お悩みの方は一度ご相談下さい。

ご連絡お待ちしております(^^)

 

 

今ならパーソナルトレーニング体験
4320円を全額キャッシュバック

2月中にR-FITNESS天王寺店、もしくは神戸住吉店のいずれかでパーソナルトレーニングの体験を受けた方が、会員を希望された場合の特典になります。 その他にも豪華特典あり!

パーソナル体験を申し込む
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧