手を握って、手のだるさを解消!!【関節の動きシリーズ第9回】

関節の動き

こんにちは!

大阪の天王寺・上本町/兵庫の神戸住吉・御影の

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニングスタジオ

R-FITNESS(アール・フィットネス)の西野です。

 

前回は、肘について書きました!

 

肘の辛い痛みは、肩甲骨を動かす?【関節の動きシリーズ第8回】

 

今回は手首について書いていきたいと思います!

 

デスクワークで、手に疲れが溜まり親指の関節周りの筋肉が固くなって、遂には痛みが出るようになってしまった。。

内職などの指を細かく動かす作業をしている内に、腱鞘炎になってしまった。。

皆さんはこのような経験はありませんか?

 

手首は、細かい動きをするために関節がたくさんあります。

手首を曲げる・伸ばす・横に倒す・回すなど、たくさんの関節を動かし、大きな動きや細かい動きを行います。

関節がたくさんあるということは、骨もたくさんあるということです。

 

この画像の骨の数を調べただけでも、26個ありますね。

その26個の骨を支えているのが、橈骨と尺骨という2つの肘から繋がる骨になります。

 

これだけ骨があると、少し間違った動きをすれば骨はすぐに歪み、他の骨が連動して波及していくように歪んでいきます。

しかし、波及していくように歪んでいくのは「インナーが使えていない」場合です。

『じゃあインナーが使えたら手首は安定して、歪みは改善していくのか?』

答えは、『手首の歪みは改善していきます!』

 

R-FITNESSでは、手を握って手首の改善をしていきます。

 

上記の写真のように、グッドポーズ?を作ります。

4本の指はしっかり握ります。

 

続いて、関節の真ん中に親指を持ってきて、しっかり握らせます。

その握ったまま、10秒間キープします。

そうすることで、手首のインナーが効くようになり、歪みが改善され可動域が広がってきます。

 

手首は細かい動きが必要な為、筋肉も小さい筋肉がたくさんあり、それらを使って細かい動きをします。

細かい筋肉の為、どこをどう使っているかという感覚が掴みづらいです。

なので、手っ取り早く握って改善できるのが、R-FITNESSのエクササイズです!

 

デスクワークで母指周辺の筋肉が張っている方、腱鞘炎の痛みでどうしようもなくお困りの方、

手首や指関節の痛みで困っている方は気軽にご連絡下さい(^^)

 

 

 

今ならパーソナルトレーニング体験
4320円を全額キャッシュバック

2月中にR-FITNESS天王寺店、もしくは神戸住吉店のいずれかでパーソナルトレーニングの体験を受けた方が、会員を希望された場合の特典になります。 その他にも豪華特典あり!

パーソナル体験を申し込む
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧