R-FITNESSのパーソナルトレーニング②(アウターマッスル編)

パーソナルトレーニングとは?

こんにちは!

大阪・天王寺/兵庫・神戸住吉の

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニングスタジオ

R-FITNESS(アール・フィットネス)の濱磯です。

 

今回もR-FITNESSのパーソナルトレーニングについての投稿になります。

 

「トレーニングをすればする程、腕や脚が太くなった気がする。」

「トレーニングをして膝や腰を痛めてしまった。」

「トレーニングターゲットの部位に効いているか分からない。」

トレーニングを頑張って

自分の身体を変えようと思ったのに

逆効果になってしまった。

実はこんな経験をしている方は多いように思います。

 

その原因は

身体の歪みや誤ったトレーニング方法が原因かもしれません。

 

当店のパーソナルトレーニングでは

そういった事が起こらないように

トレーニングメニューを作るように心掛けています。

 

前回はインナーマッスル編でしたが

今回はアウターマッスル編です。

 

前回を読まれていない方にご説明すると

インナーマッスルは

お腹というイメージが強いですが

「身体を安定させる筋肉」なので身体全身にあります。

 

インナーマッスルが使えなくなると・・・

膝・肩・腰・首などの関節に

身体に痛みが出やすくなったり

姿勢が崩れる原因になります。

 

ここまでが

前回までの簡単な内容になります。

 

その為

当店のトレーニングは大きく分けて2つあります。

それは・・・

①インナー連鎖(インナーマッスルのトレーニング)

②アウター連鎖(アウターマッスルのトレーニング)

この2つになります。

 

今回はアウターマッスル編です。

 

インナーマッスルが使えるようになったら

アウターマッスルのトレーニングに移行するのが

当店の方向性です。

 

ではアウターマッスルについてはご存知でしょうか?

 

アウターマッスルは

「関節を動かせる筋肉」の事を指します。

その為

関節を動かせる事で負荷のかかる

スクワット(膝・股関節を動かす)

腕立て伏せ(肩関節や肘を動かす)

腹筋(背骨を動かす)などが

アウターマッスルのトレーニングになります。

 

しんどいやつですね 笑

じゃあタダ重りを使ってトレーニングをすればいいのか?というと

勿論そうではありません。

 

スクワット(しゃがむ動き)一つの動きを見ても

足首・膝・股関節・背骨などの各関節が正しい位置で

動けているかが重要になります。

 

間違ったポジショニングで動くと

怪我のリスクが高まったり

本来使わなくても良い筋肉を刺激してしまい

無駄に脚が太くなったりという事が起こったります。

 

 

ここまでは通常のトレーニングになりますが

当店のトレーニングでは

アウターマッスルのトレーニングをしながら

筋膜リリースをかける独自の方法を採用しています。

 

トレーニングで筋膜リリース?

聞いた事ないですよね。

でも実は出来るんです。

その為

筋肉の刺激の入り方で

いま何処の筋膜が固いか

いまお客様はどの状態なのかが分かります。

 

そのお客様の状態に合わせて

トレーニング内容を変えていくようにしています。

 

筋膜がリリースされると

動きが良くなり

トレーニングした部位の筋肉に正しく効きますので

プロポーションを変えるのに効果的になります。

 

前述したように

お尻や背中などはよく効いているかと相談を受けます。

同じように効いているか実感出来ないと感じる方

トレーニングをすればする程

脚や腕が太くなって困っていると

お悩みの方は是非ご相談ください。

 

この内容を読んで

筋膜って何?????

となった方もおられると思いますので

次回は筋膜についてのお話しをさせて頂きます。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

今ならパーソナルトレーニング体験
4320円を全額キャッシュバック

2月中にR-FITNESS天王寺店、もしくは神戸住吉店のいずれかでパーソナルトレーニングの体験を受けた方が、会員を希望された場合の特典になります。 その他にも豪華特典あり!

パーソナル体験を申し込む
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧